ここから本文です

DeNA三浦大輔が安打の記録でギネス認定 投手による24年連続安打

デイリースポーツ 8月22日(月)11時5分配信

 DeNAの三浦大輔投手(42)が22日、ギネス世界記録「プロ野球投手による安打最多連続年数」に認定され、横浜スタジアムで記者会見を行い、認定証を授与された。

 三浦は7月11日の中日戦(横浜)の二回に左前打を記録。投手による世界記録となる24年連続安打を達成した。

 「その試合では投げるほうでは全くダメでした。ヒットを打ててこういう賞をいただいて光栄に思っています」と話した。

 日本球界単独トップとなる24年連続勝利にも王手をかけている。「前回はダメでしたが、もう1回マウンドに立てるように頑張りたいです」と今季中の登板、そして勝利に意欲を燃やした。

 “世界一”を争うリオ五輪がこの日で閉幕。「いろんな競技を感動して見ていました。特にバドミントンの女子ダブルスは、橿原市出身で地元が一緒の子(高橋)が出ていたので、夜中に興奮して喜びましたね」と刺激を受けたことを明かした。

最終更新:8月22日(月)11時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]