ここから本文です

小堺一機 SMAP解散に「個々で楽しんで頑張ってもらえばいい」

東スポWeb 8月22日(月)19時36分配信

 タレントの小堺一機(60)と関根勤(63)が22日、都内で行われた10月7日スタートの新番組「コサキンのラジオごっこ」(CS放送MONDO TV、金曜午後11時)の記者会見に出席した。

 2人は売れっ子ピン芸人としてテレビで活躍しながら、35年間ゆるいコンビとして活動。27年半ラジオ番組を続け、人気を博してきた。

 小堺は、結成28年で解散を発表した人気アイドルグループ「SMAP」について「日本は言論が自由な国のはずなのに、何か言うと『黙ってろ!』とファンから怒られる。本来はSMAPが嫌いだと言おうが自由なはずなのにね」と、狂信的なSMAPファンがネット上で異論を許さない状況に疑問を呈した。

 続けて「キムタク君とはジムで会ったことがある。工藤静香と一緒にビート板を使って泳いでいた。解散は離婚と一緒で中のことは分からないが、解散という言葉で悲しむより、それぞれがすごい才能の持ち主なので、個々で楽しんで頑張ってもらえばいい。いなくなっちゃうわけではないし」と指摘した。

 さらには「出川君は事前に解散を教えてもらっていいなと思った。僕もジムでもっと仲良くしとけば、いろんな内情が聞けたかも」と残念がった。

最終更新:8月22日(月)19時36分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。