ここから本文です

フランク・オーシャン、さらなる新作をリリース

BARKS 8月22日(月)20時0分配信

金曜日(8月19日)、4年ぶりとなる新作、ヴィジュアル・アルバム『Endless』を発表したフランク・オーシャンが、翌日続けて、ニュー・アルバム『Blond』(Apple MusicではBlondeと表記)をリリースした。

◆『Blond』画像

『Blond』には、「Nikes」「Ivy」「Pink + White」「Be Yourself」「Solo」「Skyline To」「Self Control」「Good Guy」「Nights」「Solo (Reprise)」「Pretty Sweet」「Facebook Story」「Close To You」「White Ferrari」「Seigfried」「Godspeed」「Futura Free」の17曲を収録。

ビヨンセ(「Pink + White」)、ケンドリック・ラマー(「Skyline To」)、アウトキャストのアンドレ・3000(「Solo (Reprise)」)、フランスのDJ・ミュージシャンSebastian(「Facebook Story」)、ゴスペル歌手のKim Burrell(「Godspeed」)をフィーチャーしているそうだ。

『Pitchfork』によると、このほか、デヴィッド・ボウイ、カニエ・ウェスト、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、The xxのJamie xx、ジェイムス・ブレイク、ザ・ビートルズ、ブライアン・イーノ、ファレル・ウィリアムス、エリオット・スミスらの名もクレジットされているという(サンプリングでのコントリビューションも含まれているはずだが、現在のところ、どの曲でなのかは不明)。

『Blonde』はiTunesでダウンロード・リリースされたほか、Apple Musicでストリーミングできる。

同時に、CD入りの本『Boys Don’t Cry』がNY、LA、シカゴ、ロンドンにて開店したポップアップ・ストアで発売されたという。

Ako Suzuki

最終更新:8月22日(月)20時0分

BARKS