ここから本文です

全英シングル・チャート、メジャー・レイザーが4週連続1位

BARKS 8月22日(月)20時0分配信

今週のUKシングル・チャートは、ジャスティン・ビーバーとMOをフィーチャーしたメジャー・レイザーの「Cold Water」が、4週連続で1位を獲得した。

◆「Cold Water」画像

2,3位も変わらず、ジャスティンをフィーチャーしたDJ Snakeの「Let Me Love You」(2位)とカラム・スコットの「Dancing On My Own」(3位)がキープ。4位に、チェインスモーカーズの「Closer」が先週の12位から大きく上昇した。今週新たにトップ10入りしたのはこの1曲のみだった。

アルバム・チャートも1位は変わらず、英国のインディ・ポップ・バンドBlossomsのセルフ・タイトル・デビュー・アルバムが2週連続でトップに輝いた。2016年に入ってから2週以上No.1に輝いたのは、いまのところ、アデルの『25』とこの『Blossoms』の2枚しかない。

2位にはドレイクの『Views』が、3位にはELOのベスト盤『All Over The World ? The Very Best Of Electric Light Orchestra』が、先週からそれぞれ1ランク再浮上した。

今週トップ10内にチャート・インしたアルバムはなかったが、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの『Legend』(5位)、ジャスティン・ビーバーの『Purpose』(8位)、The 1975の『I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It』(9位)、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『Blurryface』(10位)が再エントリーしている。

Ako Suzuki

最終更新:8月22日(月)20時0分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。