ここから本文です

羽生結弦、痛めた左足「戻ってきました」 氷上練習も再開

デイリースポーツ 8月22日(月)12時32分配信

 ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=は22日、都内で取材に応じ、今年4月に痛めた左足の回復が順調であることを明かした。

 羽生は左足を痛めていたことを今年4月の世界選手権後に発表。左足甲が「リスフラン関節じん帯損傷」で全治2カ月であると明かしていた。練習拠点のトロントで「1カ月半は完全に安静だったので、リハビリもせず、ゆっくりと治療に専念した」という。その後リハビリを開始。約2カ月は氷に上がっていなかったというが、現在は氷上練習を再開しており「今はジャンプもできる。だいぶ元に戻ってきました」と笑顔で話した。

 羽生はこの日、昨年12月のグランプリファイナル(バルセロナ)で世界歴代最高得点を記録した3つの記録(SP110・95点、フリー219・48点、合計330・43点)がギネス世界記録に認定されたとして、都内で行われた公式認定証授与式に出席した。

最終更新:8月22日(月)15時32分

デイリースポーツ