ここから本文です

羽生結弦、3つのギネス記録に認定 SP、フリー、トータルの得点

デイリースポーツ 8月22日(月)12時42分配信

 ギネスワールドレコーズが22日、フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が持つ3つの記録が、ギネス世界記録に認定されたと発表した。対象になったのは「男子フィギュアスケート ショートプログラム(SP)における最高得点」、「男子フィギュアスケート フリースケーティング(フリー)における最高得点」、「男子フィギュアスケート トータルスコアにおける最高得点」の3つ。

【写真】羽生のド根性!流血しながら気迫の演技

 羽生のそれぞれの記録は、いずれも15年12月にスペイン・バルセロナで行われたグランプリファイナルでのもの。SPが110・95点、フリーが219・48点、トータルスコアは330・43点。

 今回認定された記録は、9月に発売予定の「『ギネス世界記録2017』日本語版」(角川アスキー総合研究所発行)に掲載される予定だ。

 羽生は「本当に嬉しく思う。ギネスというのは、常に更新し続けなければならない、更新するための情熱のもとのような認定だと思う。自分自身もこれからもどんどん、どんどん、進化していってさらに自分の記録に挑戦し続け、更新を目指していきたい」と喜びのコメントを残した。

最終更新:8月22日(月)16時21分

デイリースポーツ