ここから本文です

Tokyo 7th シスターズ、4大ニュースに幕張&大阪公演や新ユニットデビュー盤

BARKS 8月22日(月)16時4分配信

Tokyo 7th シスターズの2nd Live<t7s 2nd Anniversary Live in PACIFICO Yokohama 16’→30’→34’ -INTO THE 2ND GEAR->が2016年8月21日(日)にパシフィコ横浜国立大ホールにて開催され、その場で4つの重大ニュースが発表された。

◆ライブ 画像

「Tokyo 7th シスターズ」は西暦2034年の“アイドル氷河期と呼ばれる時代”に、次世代アイドル劇場型スタジオ「スリーセブン(通称ナナスタ)」の二代目支配人となり、新たなアイドルを育てプロデュースしていくというゲームで、2016年6月29日(水)には作中楽曲を収録した2nd Album『Are You Ready 7th-TYPES??』をリリースしたばかり。今回の2nd Liveにはその中から総勢25名のキャスト・9組のユニットが出演した。

昼夜合わせて9000人が集まり超満員となった今回のステージ上では、4つの情報が公開された。「Tokyo 7th シスターズ」初の大阪ライブ公演<t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5->が2017年1月15日になんばHatchにて開催されることが決定、そして2017年4月22日・23日の2DAYSで幕張メッセ イベントホールにて<t7s 3rd Anniversary LIVE(仮)』が開催される。また、新ユニット「The QUEEN of PURPLE」のデビューシングルが2016年10月26日に発売されることも発表された。そして、Tokyo 7th シスターズのアニメーション映像化プロジェクト第一弾として、t7s初アニメーション・ミュージックビデオ作品『t7s Longing for summer Again And Again(仮)』がアニメーション制作「チップチューン」、“新”キャラクターデザイン案「MKS」、脚本・絵コンテ・総監督「茂木伸太郎」のスタッフ陣で始動されることも決定した。

ライブによる興奮が最高潮の中で発表されたニュースは、支配人達の大きな歓声によって迎え入れられたようだ。詳細は、これから続々と発表されていくとのこと。

文:春川三咲 / 写真:スギウラヒロキ、フジオマリア、マツザキリュウジ

最終更新:8月22日(月)16時4分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。