ここから本文です

篠原信一、SMAP解散に「仕方ないのかなぁ…」

デイリースポーツ 8月22日(月)13時39分配信

 リオ五輪デイリースポーツ特命応援団長の篠原信一(43)が22日、都内で「AbemaTVサテライトスタジオ」オープンイベントに、ペナルティ・ヒデ(45)、とにかく明るい安村(34)らと出演した。

 芸能界で活躍を見せる篠原だが、バラエティー能力をいち早く見抜いたが、SMAPの中居正広(44)とも言われている。“恩人”がリーダーを務める国民的グループの解散に、「中居君に限らず、SMAPさんとは何回か共演させてもらって、コンサートにも行かしてもらいました。気さくで良い方たちばかりなので、残念な気持ち。でも、メンバーで決めたことなので、仕方ないのかなぁ」とさみしがりつつ、理解も示した。

 また、リオ五輪の男子マラソンにカンボジア代表で出場し、139位で完走した猫ひろし(39)を、芸人仲間のヒデは「すごいことをしでかした。(国籍変更に)いろんな賛否があるかもしれませんが、本人が納得いくレースができたなら、それでいい」と称賛。シドニー五輪柔道銀メダリストの篠原は、「順位は別として、頑張る姿は金とった選手も、そうでなかった選手も同じですから…いいコメント言った!!」とドヤ顔を浮かべていた。

最終更新:8月22日(月)14時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。