ここから本文です

韓国・イーマートのPB商品 中国に輸出へ

聯合ニュース 8月22日(月)19時24分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の大型スーパー、イーマートがプライベートブランド(PB)「ノーブランド」の商品を中国に輸出する。

 イーマートは22日、「ノーブランド」のバタークッキー、のり、トマトジュース、みかんジュースを中国内のドイツ系会員制スーパー、メトロに供給する契約を結んだと発表した。

 まず、1万5000ドル(約150万円)相当の商品が供給される。早ければ来月中にも中国での販売が始まる見通しだ。

 「ノーブランド」の商品がイーマートの海外店舗でなく外国企業の店舗に供給されるのは初めて。イーマートは今後の海外流通網拡大の礎になると期待している。

 イーマートが中国での「ノーブランド」の成功に期待をかけているのは、同ブランドがモンゴルとベトナムで大きな人気を集めているためだ。

 先月オープンしたイーマートモンゴル店では「ノーブランド」のチョコチップクッキー、味付けのりなどが大人気となり、オープンからわずか20日余りで約6億ウォン(約5360万円)の売り上げを記録し、代表的な人気商品として定着した。

 昨年12月、ベトナムのホーチミンにオープンしたイーマートゴーバップ店でも、全体の売り上げの約3%を「ノーブランド」の商品が占めている。

 「ノーブランド」の商品は乾電池や車用ワイパーなど9種が昨年4月に韓国で初めて発売された。現在は商品数が300を超え、今年上半期(1~6月)の韓国での売上高は638億ウォンに上り、イーマートの代表的なブランドに成長した。

最終更新:8月22日(月)20時53分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。