ここから本文です

【個別インタビュー】MINUE(ミヌ)、自然体でも輝いている人になりたい! 

WoW!Korea 8/22(月) 19:50配信

俳優、ミュージシャン、モデルさらに、音楽監督等マルチな才能を発揮し、日本でも絶大な人気のMINUE(ノ・ミヌ)。
8月4日(木)に開催された「2016 MINUE JAPAN LIVE CONCERT<END OF THE WORLD>」を大盛況で飾ったMINUEがスケジュールの合間を縫って、インタビューに応じてくれた。

【画像】MINUE(ミヌ)、個別インタビュー


―「2016 MINUE ALBUM RELEASE CONCERT! <END OF THE WORLD>」のサブタイトルに“END OF THE WORLD”とありますがどんな意味が含まれていますか? 
“世界が終わる最後まで、僕はファンの方に頑張って夢と希望をあげる人になります! ”という意味で決めました。今回は日本デビュー直前なので自分の考えや世界観をきちんと決めてやったライブでした。ナチュラルな自分、これがそのままのMINUEだ! というのを見せたくて、スモーキーメイクもしないで初めてライブをして、特別な公演になったと思います。

―2016年上半期は4月、6月そして、今回と日本での活動にファンの方たちは大変喜んでいると思いますが、MINUEさんにとって、特にうれしかったことは何ですか? 
去年の12月は良くない事もあったのですが、その時からファンとの距離も近くなって、頑張って作ったメロディや歌詞などを、みんなが頑張って歌ってくれる場面がたくさんあって何度も涙が出そうになりました。それは今もこれからも忘れられない思い出になったと思います。

―デビュー12周年おめでとうございます。MINUEさんが俳優として、またアーティストとしてターニングポイントだと感じたのはどんな時でしたか? 
ありがとうございます。もう12周年なんですね。時間が本当に早いです。ついこの間10周年だったと思うのですが、もう12周年ですね。こういう感じで年をとっていくんだなと思うとちょっと悲しいですけど、MINUEはハウルみたいにずっと美しく生きていきたいです。
毎年毎年感じることはたくさんありますが、ベッド上で寝るときにいつも見る、自分で書いた目標リストの紙があるのですが、これを毎日読みながら、これからの未来を細かくプランを立てています。なんというか、今回日本に長く滞在していたこの生活が本当に僕に
いろんな面で勉強になったと思います。もっと自然体でも輝いている人になりたいと思いましたね。ことしの春位がターニングポイントだったんじゃないかと思います。

―ファンクラブ「HAPPY HOSPITAL 」も3周年を迎えましたが、今のお気持ちはいかがですか? 
ファンクラブも、もう3周年ですね。これから5周年、10周年の時、特別な事やりたいですね。たとえば、10周年の時には、ハワイでみんなと何かできればいいなと思っていますね。みんなに感謝しています、本当にありがとうございます。

―俳優ノ・ミヌとして、韓中合作ドラマ「その男のバラード」で天才作曲家役を演じているMINUEさんですが、アーティストICONとしても活躍されているので、演技する上でその経験が生かされた部分はありますか? 
もうすぐ中国で放送されるみたいですが、今回作曲家の役でした。やっぱり自分が音楽をやっているのでいい事もあるのですが、逆に僕が音楽をしている時は、結構激しいというか、派手なところがあるんですが、今回の作曲家は派手な役じゃなかったのでそこは気をつけてやっていました。

―チェ・ソングクさんと共演されてみていかがですか? 
チェ・ソングクさんはすごく優しい方で、今でもSNSでやり取りをしたりして、とても優しくておいしいものをおごってくれるお兄さんですね(笑)

―撮影中のおもしろエピソードがたくさんありそうですが、いかがですか? 
チェ・ソングクさんはアドリブをよくする方で、僕とチェ・ソングクさんが一緒に寝るシーンがあったんですが、その時にも僕のお尻に鼻を近づけたりして(笑)僕が笑ってしまって何度もNGになって結局監督に、枕で顔を隠して見えないようにしてと言われて、そのシーンは僕の顔は枕で見えないようになっていますが、実は笑っていました。

―俳優ノ・ミヌとして、一番心に残る作品(映画、ドラマ)は何ですか? 
やっぱりドラマ「フルハウスTAKE2」ですね。初めての主演のドラマだったから一番好きです。

―最近よく聴くお気に入りの楽曲は何ですか? 
エルヴィス・プレスリーの「Can‘t Help Falling In Love 」です。近々仲のいい先輩の結婚式で歌うことになってこれを練習していますがどうなるかな、ちょっと心配しています(笑)

―2016年はデビュー12周年、さらに待望の日本デビューも果たされたノ・ミヌさんですが、ことし上半期を振り返っていかがですか? 
本当に時間が早いと感じます。そして自分がアップグレードできた半年だと思います。日本のデビューがもうすぐなので本当にドキドキして楽しみだし、僕が兵役に行っている間も、写真とかシングルをたくさん準備しているので楽しみにしていてください。


<ファンの方からの質問>
―入隊前に 絶対にやっておきたい事は何ですか? 
写真集をたくさん撮りたい。

―入隊している間の「患者」(=MINUEのファン)へのアドバイスは? 
シングルや写真集も準備してるし、ファンクラブではいつも会えるから、そんなに離れてるような感じはしないと思います。少しだけ待っててくれたらまたすぐに会いに来るから
その時までMINUEの曲を聴きながら待っててもらいたいです。

―入隊後はやりたいことがたくさんあるとおもいますが、俳優ノ・ミヌ、アーティストICON、どちらでスタートしたいですか? 
まず韓国では演技で、日本では軍隊が終わった時はアルバムを出してテレビ出演などもしたいです。あと日本でも演技をしてみたいです。

―ノ・ミヌさん、除隊後、日本で最初に「患者」にしてあげたい事は? 
患者達と渋谷とかでゲリラライブをしたいです。

―訓練所には持って行けるものが限られているかと思いますが、これだけは必ず持って行きたい! って思っている物はなんですか? 
肌の為に化粧水ですね。

―最後の晩餐?! ではないのですが…入隊前に最後に食べたいものは何ですか? ? カツ丼? スキヤキ? 
あんまりないですね。ただ、モモ(愛犬)とできるだけ長く一緒に遊びたいです。

―ミヌくんがいない間に「患者」が浮気しちゃったらどうする? 誰だったらまぁ仕方ないかなって思える? 
(浮気? )それでもいいですよ。結局僕に戻ってくると思います。MINUEみたいにファンのことを大切にしている人はいないと思うので、大丈夫です! 心配ありません。

―俳優ノ・ミヌに期待する「患者」も多いですが、除隊後はどんな俳優をめざしますか? 目標とする俳優さんはいますか? また海外進出への希望も大きいですが英語圏に住む夢は実行したいですか? 
韓国でまずNO.1の俳優になりたいですね、顔でも歌でも演技でも。品のある演技の出来るイケメン俳優になろうと思っています。目標はウォンビンさんですね。あとはアメリカに住みたいです! 

―最後にファンの方にメッセージをお願いします。
ファンの皆さん、毎日暑いですけど体を大事にして下さい。今回のライブもそうだし、サプライズをしてくれて本当に感動しています。この年になるまでファンの皆さんがいなければMINUEは寂しい思いをしていたと思うので、いつも感謝しています。これからもファンの皆さんに夢や希望やいいエネルギーを与えられるような存在になりたいと思っています。デビューシングルももうすぐなので楽しみにしててくださいね。


 デビュー12周年を迎えたMINUEは共演したい俳優や最新出演作について、さらにファンからの質問も含め真摯に答えてくれた。写真撮影ではスターのオーラ全開でカメラマンの要望に積極的に応えてくれるMINUE。ギターを持っての撮影では自らギターを弾きながら美しい声を聴かせてくれるなど、サービス精神旺盛で彼の人柄の良さが感じられた。エルヴィス・プレスリーの「Can't Help Falling In Love 」を練習中だという彼だが、いつかライブで歌ってくれたらと思わず願ってしまうのは「患者」だけではないだろう。

 抜群のスタイルと美貌、さらに俳優、アーティストとしての魅力が融合し、圧倒的な存在感を放つMINUE。その魅力は「患者」ならずとも出会った人々をこれからも魅了し続けていくことだろう。

最終更新:8/22(月) 19:50

WoW!Korea