ここから本文です

[芸能]韓国映画「トンネル」 観客動員数500万人突破

聯合ニュース 8月22日(月)19時54分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「トンネル」(原題)の累計観客動員数が500万人を突破した。

 韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、韓国で10日に公開された同作は19~21日の3日間の観客動員数が111万8961人、売上高が上映映画全体の36.8%を占め、2週連続で週末の興行1位を獲得した。

 公開12日目の21日午後には観客動員数の累計が500万338人を記録し、500万人を超えた。

 「トンネル」は突然崩壊したトンネルに1人閉じ込められた自動車販売員のジョンス(ハ・ジョンウ)と夫を助けようとする妻(ペ・ドゥナ)、救助隊員テギョン(オ・ダルス)の3人をめぐるストーリー描いている。

 週末の興行2位は、朝鮮王朝第26代王で後に大韓帝国初代皇帝となった高宗(コジョン)の娘、徳恵(トクヘ)翁主(1912~89年)の生涯を描いた韓国映画「徳恵翁主」(原題)で、観客50万1405人を動員した。累計観客動員数は483万2448人で500万人に迫っている。

 3位は「スター・トレックビヨンド」で、観客数は49万3135人だった。

最終更新:8月22日(月)20時54分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。