ここから本文です

アニメ「めぞん一刻」が千葉テレビでレギュラー放送開始! デジタルリマスターHD版で全96回

ねとらぼ 8月22日(月)19時12分配信

 アニメ「めぞん一刻」デジタルリマスターHD版がチバテレ(千葉テレビ)でレギュラー放送されます。放送は毎週月曜から金曜の18時30分から19時まで。8月29日より全96回にわたって放送されます。

【さすが俺たちの千葉テレビさん】

 「めぞん一刻」は高橋留美子さん原作のラブコメディマンガ。初回アニメは1986年から1988年まで放送されていました。時計坂という町にあるボロアパート「一刻館」に住む五代裕作と、管理人の音無響子が中心となったドキドキの展開は当時の若者に大人気でした。

 大正時代に建てられたボロアパート「一刻館」で大学合格を目指す五代裕作は、他の部屋のどんちゃん騒ぎで勉強の邪魔をされ一刻館を出ていこうと決意します。そこに新しく現れた管理人・音無響子に五代はドキドキしてしまい、出て行く決意もコロッと翻って……というストーリー。五代と音無がお互いに惹かれ合っていくさまを描いた名作ラブコメ作品です。声の出演は音無響子が島本須美さん、五代裕作が二又一成さんなど。

最終更新:8月22日(月)20時47分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。