ここから本文です

手紙でネコと目が合う ネコが何かを見つめている仕草の切手セット、日本郵便から発売

ねとらぼ 8月22日(月)19時22分配信

 8月26日に日本郵便が、ネコが何かをじっと見つめている仕草の写真を用いたフレーム切手「『みつめる』~岩合光昭 ネコ便り~」を発売します。撮影したのは動物写真家の岩合光昭さんで、このほか岩合さんが撮ったネコのグッズも同時発売されます。

【ポストカードもネコが凝視】

 岩合さんは、自身の写真展「ねこ」が来場者累計100万人を突破するなどネコ写真に高い評価を得ている写真家。フレーム切手では10枚の52円切手に、防波堤の上で、桜の木の前でと、ある場所で何かを凝視しているネコが10種類デザインされています。切手と同じ写真をあしらったポストカード2枚(2種類)とA3サイズの二つ折り台紙とセットで、1セット2000円。全国100の郵便局ほか日本郵便のネットショップで販売されます。

 またグッズは、通帳ケース(2種類・各550円)、マイクロファイバー巾着(590円)、ダブルクリアファイル2枚セット(550円)を用意。写真展で人気だった白ネコ・にゃんきっちゃんや、長崎県福江町のネコ&パグ犬仲良しコンビなど、ネコの愛くるしい写真を商品にプリントしています。いずれも数量限定商品で、全国約6000の郵便局で販売。取り扱う局は日本郵便公式サイトで公開中です。

最終更新:8月22日(月)19時22分

ねとらぼ