ここから本文です

ビージーズのバリー・ギブ、32年ぶりのソロ・アルバムを10月にリリース

BARKS 8月26日(金)19時27分配信

ビージーズのバリー・ギブが、10月にソロ・アルバム『In The Now』をリリースすることを発表した。

全ての曲は、2人の息子たち、スティーヴンとアシュリーと共作。「In the Now」「Grand Illusion」「Star Crossed Lovers」「Blowin' a Fuse」「Home Truth Song」「Meaning of the Word」「Cross to Bear」「Shadows」「Amy In Colour」「The Long Goodbye」「Diamonds」「End of the Rainbow」「Grey Ghost」「Daddy's Little Girl」「Soldier's Son」の15曲が収録される。

土曜日(8月20日)には、新曲やビージーズのヒット曲をプレイするスペシャル・パフォーマンスが行なわれ、YouTubeからライブ・ストリーミングされた。また、アルバムの予告編映像も公開されている。

バリーは、2012年に弟ロビンが亡くなって以降、息子たちと曲を作ってきたそうだ。新たなトリオが誕生した。

『In The Now』は10月7日にコロンビア・レコーズからリリースされる。いま予約するとタイトル・トラックがその場でダウンロードできるそうだ。

Ako Suzuki

最終更新:8月26日(金)19時27分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。