ここから本文です

スマホやPCを20分100円で充電できる“公衆コンセント”――「espot」実証実験が始まる

ITmedia LifeStyle 8月22日(月)20時1分配信

 東京都内の飲食店やコンビニエンスストアなどに「認証型コンセント」の端末を設置し、スマートフォンやPCの充電を可能にする公衆電源サービス「espot」の実証実験が8月23日に始まる。料金は20分100円(税別)。「ローソン」や商業施設、計36カ所で利用できる。

具体的な利用イメージ

 実証実験を行うのは、東京電力エナジーパートナーとソニービジネスソリューション、および関電工の3社。外出先でスマートフォンなどを充電したい利用者側のニーズに応え、一方で設置店舗にとっても集客やサービス向上が見込めるとともに、コンセントの利用単価や時間が設定できるため、利用者が充電目的で長時間滞在するといった課題にも対応できるとしている。

 今回の実証実験では、ソニービジネスソリューションが開発した認証型コンセントを使用。通常のコンセント(AC 100V/2A)のほかにUSBプラグ(DC 5V/1A)もあり、同時に利用することもできる(要充電ケーブル)。利用するには、まず認証型コンセントの「モード切替」ボタンを押し、中央のサークルがオレンジ色に点滅したら対象店舗などで販売する「epsotカード」(500円、5度数)をタッチ。サークルの色が変わり、通電が始まる。なお、モード切替スイッチを押さない状態でカードをタッチすると残度数を確認できる。

 また、一部店舗ではクレジットカード決済にも対応。この場合、スマートフォンなどで認証型コンセントに記されているQRコードを読み取り、決済手続きを行う手順となる。

 実証実験の期間は2017年1月9日まで。なお、espot公式サイトでは現在、抽選で500人のモニターを募集中だ。当選すると、サービスが5回使用できる5度数500円のespotカードがもらえる。応募の締め切りは9月11日。

最終更新:8月22日(月)20時1分

ITmedia LifeStyle