ここから本文です

関根勤 孫娘溺愛効果で「常識人」に 小堺「おじいちゃんになったからね」

デイリースポーツ 8月22日(月)18時7分配信

 タレントの関根勤(63)と小堺一機(60)が22日、都内で行われた、CS放送MONDO TVの新番組「コサキンのラジオごっこ」(10月7日スタート、金曜、後11・00)の会見に出席。関根は、娘でタレントの麻里(31)と歌手・K(32)の間に昨年11月に誕生した孫娘への溺(でき)愛ぶりを明かした。

【写真】30年前ノーギャラで小堺を助けた大物芸人とは…

 1981年から2009年までTBSラジオで小堺とタッグを組んでいた時代に比べ、関根が「丸くなった。やっと常識人になれた」と言うと、小堺も「おじいちゃんになったからね」と同意。関根は「“孫ってかわいい”って言われるから、想像でこれくらいかわいいかなと思っていたけど、それ以上にかわいい。『愛と誠』のセリフの『僕は君のために死ねる』って感じ。『目の中に入れても痛くない』っていう例えがあるけど、先人はうまいなって思う」と目尻を下げた。

 孫の将来について、タレントの英才教育を施す考えはないとし、「明るい、やさしい人間になってほしい。麻里もタレントになってほしくて育てたわけじゃない。(タレントを希望した場合は)好きな道を選べばいい」と考えを明かした。

最終更新:8月22日(月)18時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。