ここから本文です

破天荒な音楽プロデューサーの記録映画、予告編にスタローンやダライ・ラマ登場

映画ナタリー 8月22日(月)20時8分配信

「オースティン・パワーズ」シリーズで知られるマイク・マイヤーズの監督デビュー作「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」。本作の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ピンク・フロイドやアリス・クーパーなどのプロデューサーとして知られるシェップ・ゴードンの功績を、マイケル・ダグラス、ダライ・ラマ法王十四世、シルヴェスター・スタローンら親交のある著名人の証言を交えながらたどるドキュメンタリー。なりゆきで音楽マネジメントの道に進み手腕を発揮した1970年代から、仏教徒になった現在に至るまでを描く。

予告編に収められているのは、ダグラスが「シェップは才能と愛の塊さ」と褒めながらも、真面目な表情で「ただしクソ野郎だけどね」とユーモアたっぷりにコメントするさまや、スタローンが「必ず守ってくれる男だ」とゴードンを絶賛する場面。またゴードンがスターに育て上げたアリス・クーパーの破天荒なライブシーンや、ゴードンとダライ・ラマが面会する場面なども映し出される。

「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」は9月24日より全国順次公開。なお8月27日より前売り鑑賞券が東京・新宿シネマカリテおよび全国のプレイガイドで販売される。



(c)2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved. 

最終更新:8月22日(月)20時19分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。