ここから本文です

M男が風俗店でのめんどくさいこだわりを語る「エムさん。」単行本化

コミックナタリー 8月22日(月)20時40分配信

エム。による単行本「エムさん。」が本日8月22日に発売された。

同作は、マゾである主人公・エムさんが、性風俗店でのプレイ時やアダルトビデオ鑑賞時のこだわり、自身の性的嗜好に関する哲学などを語るショートギャグ。イメージクラブで女子高生のコスプレをしている女の子に対して「そんなコスプレみたいな女子高生がいるか!」と叱咤したり、別のお店ではややこしい注文をして、女の子から「めんどくせえ客が来たな」と蔑む目で見られることで興奮したり……といった様子が描かれている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

単行本には、Webで連載されている作品の中から厳選、加筆修正したものを収録。エッセイマンガ「前書き~『エムさん。』について~」と、作中に登場する2人の女性の過去を描いた「うしろのエスさん」も描き下ろしで収められた。

KADOKAWAのWebサイト・ComicWalkerでは、「エムさん。」の過去エピソードを期間限定で無料公開中。またCOMIC ZIN、アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、メロンブックス、そのほかの一部書店ではそれぞれ異なる特典を用意している。詳細は購入予定の店舗で確認しよう。

最終更新:8月22日(月)20時40分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。