ここから本文です

“野獣”松本薫 レジェンド野村氏にダメ出し連発

デイリースポーツ 8月22日(月)23時2分配信

 リオ五輪柔道女子57キロ級で銅メダルを獲得した松本薫(28)=ベネシード=が22日、フジテレビ系の生特番「リオ五輪2016総集編~夢と感動をありがとう!メダリスト大感謝祭SP~」に出演し、五輪柔道3連覇のレジェンド・野村忠宏氏(41)へダメ出しを連発した。

【写真】松本受難…リオでの試合前にアクシデント「それどころじゃなくて…」

 2大会連続の金メダルを目指した松本だったが、準決勝で敗れ、銅メダルに終わった。前回大会ではその鋭い眼光から“野獣”の異名を取った松本に、現地でキャスターも務めた野村氏が「今大会は、少し野獣な感じが薄かったように見えたんですが?」と問いかけた。

 ところが、松本は「野獣…、そうですね。ウーン…野獣、薄い…、野獣が薄いって?でも、野獣が薄いって何ですかね?」と先輩に強烈なツッコミを入れ、野村氏を「こっちも緊張してんで!」と赤面させていた。

 さらには、松本は銅メダルを獲得した直後の野村氏から受けたインタビューにも物言い。松本は「何で銅メダルだとうれしくないんですかね?って、ポロっと言ったときに、『オレ、取ったことないからわからへん』って言われたんです」と暴露した。

 野村氏は「僕のところに来たときは時間も経ってたので。改めて『辛かったな』って言うよりは、ああいうノリで言った方が笑顔ができるのかなと思って。優しさですよ」と気遣いを強調したが、松本は「天才との差を突きつけられた感じでした」とバッサリ切り捨てていた。

最終更新:8月22日(月)23時41分

デイリースポーツ