ここから本文です

アカデミー賞ノミネートの戦争ドラマ、戦場と法廷で苦悩する軍人捉えた予告編

映画ナタリー 8月22日(月)22時32分配信

第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマーク映画「ある戦争」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アフガニスタンの平和維持のために駐留するデンマーク軍の部隊長クラウスを主人公にした本作は、正義と命の尊さを問う戦争ドラマ。予告編には、戦場で決断した空爆命令によって地元の民間人を殺してしまったクラウスが、軍事法廷でその是非を問われ苦悩する様子、妻や子供たちを慈しむ姿などが切り取られている。

主人公のクラウスを演じるのは、「攻殻機動隊」の実写版「Ghost in the Shell(原題)」でバトー役を務めるピルウ・アスベック。出演者はほかに「ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男」のツヴァ・ノヴォトニー、ドラマ「コペンハーゲン/首相の決断」シリーズのソーレン・マリン、「エクソダス:神と王」のダール・サリムが名を連ねる。監督を務めるのは、「光のほうへ」「偽りなき者」の脚本を手がけたトビアス・リンホルム。

「ある戦争」は10月8日より、東京・新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。



(c)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

最終更新:8月22日(月)22時32分

映画ナタリー