ここから本文です

【MLB】マーリンズ接戦制す、パイレーツをスイープ! イチローは無安打

ISM 8月22日(月)11時11分配信

 マイアミ・マーリンズは現地21日、敵地PNCパークでピッツバーグ・パイレーツと対戦。3対2で接戦を制し、この3連戦のスイープに成功した。2年目の先発右腕ホセ・ウレーニャ投手が6回を4安打、1四球、3三振、2失点と好投し、今季2勝目(4敗)をマークしている。

 マーリンズは初回、かつて日本プロ野球の阪神タイガースなどでプレーしたライアン・ボーグルソン投手から、クリスチャン・イエリチ外野手が先制の15号ソロ。4回には味方のエラーなどで2点を献上し逆転を許すも、直後の5回にマーティン・プラード三塁手のサードゴロの間に同点とし、さらにボーグルソンの暴投で再びリードを奪ってそのまま逃げ切った。

 前回登板した16日のシンシナティ・レッズ戦では初回に5失点しているウレーニャ。「これは別の日の別の試合だからね」と粘りのピッチングでチームを3連勝に導き、ドン・マッティングリー監督も「今日はボールを低めに集めていた。1イニングだけピンチを招いていたが、そのほかはずっと良かったよ」と24歳の右腕を評価していた。

 なお、イチロー外野手はこの試合に6番ライトで先発出場するも、3打数ノーヒット、1四球に終わっている。(STATS-AP)

最終更新:8月22日(月)11時11分

ISM

スポーツナビ 野球情報