ここから本文です

スーパー戦隊シリーズ放送2000回へ ゴーカイジャーの出演決定

オリコン 8月22日(月)8時0分配信

 1975年4月5日に『秘密戦隊ゴレンジャー』がテレビ朝日系で放送開始して以来、連綿と続いてきたスーパー戦隊シリーズ。現在、40作目『動物戦隊ジュウオウジャー』(毎週日曜 前7:30)が放送中だが、来る9月11日に放送通算2000回を迎える。これを記念して、35作目『海賊戦隊ゴーカイジャー』の全メンバーが約3年半ぶりにそろって登場するコラボエピソードが9月4日と11日の2週にわたって放送されることになった。

『海賊戦隊ゴーカイジャー』6人の写真

 『ゴーカイジャー』は、レギュラー6人がそろって出演。キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド役の小澤亮太、ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー役の山田裕貴、ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー役の市道真央、ドン・ドッゴイヤー/ゴーカイグリーン役の清水一希、アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク役の小池唯、伊狩鎧/ゴーカイシルバー役の池田純矢。

 小澤は「6人が横並びで変身した時は息ぴったりそろえることができ、いまでも体に染み付いているんだなと思いました」とブランクも何のその。「久々に派手にいきますので楽しんでください」とノリノリだった。

 ゴーカイジャーの特殊スキルといえば、「ゴーカイチェンジ」。過去のスーパー戦隊の戦士に自由に変身できる力で、歴代の戦士も続々登場。先輩と後輩が力を合わせて記念の祝砲を打ち上げ、「地球を守る」というスーパー戦隊の魂を後輩のジュウオウジャーにつないでいく。

 ジュウオウイーグル/風切大和役の中尾暢樹は、ゴーカイジャーたちとの共演を経て「スーパー戦隊への愛を感じました。ゴーガイジャーの皆さんが集まったのは久し振りのはずなのに撮影ではアドリブをすぐ入れてきたり、そのアドリブもキャラクターとして立っていて、その姿勢に作品をより良いものにしたいという意識をひしひしと感じました」と大いに刺激を受けた様子。

 通算2000回の節目を『ジュウオウジャー』で迎える巡り合わせに喜びと感謝を述べつつ、「いままでの歴史を僕たちが引き継いで次につないでいけるよう動物戦隊ジュウオウジャーをより一層盛り上げていきたい」と話していた。

 エンディングには、『海賊戦隊ゴーカイジャー』エンディングテーマ曲「スーパー戦隊ヒーローゲッター」最新版を放送。歴代スーパー戦隊を歌詞に織り込んだ楽曲として好評を博した楽曲に、ゴーカイジャー以降のスーパー戦隊を加えてアップデートしたものを2週にわたって放送する。当日のデータ放送連動企画「レッツ!どうぶつかくれんぼ」も、この2週限りのスペシャルバージョン。いつもとは違う、あっと驚く結末が待っている(※リアルタイム視聴のみ)。

■放送情報
9月4日 第28話「帰ってきた宇宙海賊」
9月11日 第29話「王者の中の王者」※シリーズ通算2000回

最終更新:8月22日(月)19時42分

オリコン