ここから本文です

NGT48、お披露目から1周年 北原里英「新潟を拠点に全国にも」

オリコン 8月22日(月)6時0分配信

 AKB48の姉妹グループで新潟を拠点に活動するNGT48が21日、市内のNGT48劇場で昼夜2公演を行い、それぞれ『NGT48劇場100回記念公演』『初お披露目1周年記念特別公演』として開催した。

【写真】100回記念&お披露目1周年記念公演フォト

 昨年8月21日、地元新潟でNGT48がお披露目されてから、一人も欠けることなく26人で丸1年を迎えたこの日、NGT48劇場は今年1月10日のこけら落とし公演から数えて通算100回目(特別公演、研究生公演含む)の記念公演を上演した。

 涙もろい荻野由佳は昼公演の序盤から感極まって涙し「これからも汗と涙をいっぱい流していきたいと思います」と宣言。キャプテンの北原里英は「(AKB48劇場での公演も含め)通算で600回から700回くらいは公演に出演しています。1000回出演いくんじゃないかな」と野望を語った。

 過去2回行われた研究生公演にもサポートメンバーとして出演している小熊倫実、太野彩香の2人は、100回フル出演を達成。太野は公演後「劇場に行けばアヤカニ(太野の愛称)に必ず会えると言っていただけるように、これからも連続で公演に出続けたい」と意気込みを語った。

 夜公演は1年前のお披露目イベント同様、北原の「行くぞー! 新潟!」のかけ声とともに幕開け。この1年間でNGT48が経験してきた楽曲でセットリストを構成し、初ステージで披露した思い出の曲「会いたかった」からスタートした。

 MCでは、この1年を年表で振り返るコーナーや佐藤杏樹が暴露するNGT48年間3大ニュースも発表され、メンバー目線で1年を総括。北原は「この1年で48グループの一員として歩み始められたと思います。2年目も新潟を拠点にしながら、全国にも羽ばたいていけるよう頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします」とあいさつした。

 アンコールでは今村悦朗劇場支配人がステージ上に登場し、メンバーにもサプライズで出張公演の開催を発表。メジャーデビューに向け、秋から冬にかけ、東京・秋葉原のAKB48劇場、名古屋・栄のSKE48劇場で武者修行することになった。

 この日は昼夜公演とも、AKB48と兼任の柏木由紀を除く25人が出演した。

最終更新:8月22日(月)12時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。