ここから本文です

華原朋美、“阿部寛似”新恋人語る「大切にしていきたい」

オリコン 8月22日(月)11時4分配信

 7歳下の実業家の男性との真剣交際が報じられた華原朋美(42)が22日、日本テレビ系『PON!』(毎週月~木 10:25)に出演。お相手の男性について「真剣にお付き合いさせていただいてます」と生報告した。

 新恋人の存在については、18日付のスポーツ紙が真剣交際を報道。これを受け、所属事務所が同日「華原本人からも、記事にあります一般男性との交際の報告を受けております」と事実を認め「医療関係の事業をしている方で、スポーツマンで華原とは共通の趣味であるサーフィンなども一緒に楽しんでいるようです」と説明した。

 華原は「本当は『PON!』で報告したかったのですが、先立って報道がでてしまって。でも、本当に真剣にお付き合いさせていただいてます」と切り出すと「楽しい毎日を過ごしています」とさっそくのろけ。昨年12月ごろから付き合っていたことを明かし、今年3月に「片思い中の人がいる」とイベントの記者会見で発言したことについて「あれは嘘」とあっさり認めた。

 また、「小室(哲哉)さんより好きかも」と周囲に語っていたと報道された件を問われ、「おもしろい表現ですよね。でも身に覚えがないかも…」と苦笑い。続けて「ただ、今までにないくらい強い気持ちが自分の中にあるので、大切にしていきたい」と真剣な表情で語っていた。

 同番組で共演するお笑い芸人の厚切りジェイソンはすでに会ったことがあるといい、「けっこう早い段階で紹介してくれました。仕事がデキる人で、尊敬できる。一緒に働きたい」と人間性にも太鼓判。“濃い顔のイケメン”とうわさされているが「阿部寛さんに似ています」と紹介した。

最終更新:8月22日(月)18時59分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。