ここから本文です

五輪男子バスケ 米国がセルビアに圧勝、大会3連覇を達成!

ISM 8月22日(月)13時41分配信

 リオデジャネイロ五輪のバスケットボール男子決勝が現地21日に行われ、米国がセルビアに96対66で圧勝し、大会3連覇を果たした。

 米国は、ケビン・デュラントが30得点でチームをけん引。デマーカス・カズンズが13得点、15リバウンドで貢献した。1次リーグではセルビアに94対91とわずか3点差の辛勝だったが、大一番で本来の力を発揮した。

 2012年ロンドン五輪の決勝でも30得点をマークしたデュラントは、五輪での通算得点で米国代表歴代2位に。「金メダリストとなってアメリカに帰りたかったし、最後にもう1つ、コーチKに金メダルを手にしてもらいたかった」と、今大会後に勇退するマイク・シャシェフスキー米国代表HCに向けて語った。

 また、五輪バスケ男子史上最多となる4つ目のメダルを獲得したカーメロ・アンソニーは、「俺たちが1次リーグの2、3試合でいいプレーをできていないと言われていたのは知っている」とコメント。「しかし、集中力を保ち、最後に金メダルを首から下げて帰れるということは特別だ」と満足げに話した。

 一方、セルビアはフィールドゴール成功率が38.2%と、試合を通してシュートに苦戦。また、リバウンドでも33対54と米国に圧倒された。ネマニャ・ネドビッチが14得点を記録。チームの要、ミロシュ・テオドシッチは9得点に終わった。(STATS-AP)

最終更新:8月22日(月)13時41分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]