ここから本文です

スペイン、オーストラリアに逆転勝ちで銅メダル 五輪男子バスケ

ISM 8月22日(月)15時58分配信

 現地21日、リオデジャネイロ五輪のバスケットボール男子3位決定戦が行われ、スペインがオーストラリアに89対88で競り勝ち、銅メダルを獲得した。

 スペインは1点を追う残り5.4秒、セルヒオ・ロドリゲスがフリースロー2本を決めて逆転。オーストラリアの最後の攻撃を防ぎ、2008年北京五輪と2012年ロンドン五輪の銀メダルに続き、3大会連続のメダル獲得となった。これが最後の五輪になるとみられているパウ・ガソルが、31得点、11リバウンドの活躍。ニコラ・ミロティッチが14得点で貢献した。

 一方のオーストラリアは、五輪通算4度目の4位に終わった。パティ・ミルズが30得点、デビッド・アンダーセンが15得点をマーク。最後の攻撃では、エースのミルズがオープンになれず、アンダーセンがボールを失って万事休すとなった。

 初のメダルを逃し、コートを後にする多くのオーストラリア選手の中には、悔し涙を流す姿も。第3Q序盤にファウルアウトしてしまったアンドリュー・ボガットは、「この結果でポジティブなことは何もない」と語り、「試合を通して相手は倒れればファウルをもらい、フリースローを得ていた」と審判への批判も口にした。(STATS-AP)

最終更新:8月22日(月)15時58分

ISM