ここから本文です

『GANTZ:O』加藤勝&玄野計のキャラソン 原作者描き下ろしイラストも公開

オリコン 8月22日(月)21時0分配信

 フル3DCG長編アニメーション映画『GANTZ:O(ガンツ:オー)』(10月14日公開)の主題歌「人間ビデオ」の「GANTZ:O盤」に加藤勝(CV.小野大輔)、玄野計(CV.梶裕貴)が参加したキャラクターソングが収録されることが22日、わかった。

【画像一覧】梶裕貴が演じる玄野計 場面カットも

 主題歌を歌うのは、志磨遼平のソロプロジェクト・ドレスコーズ。映画公開2日前に発売される同シングルは、ライブ映像が収録された「R.I.P.デラックス盤」「GANTZ:O盤」「溺れる盤」(通常盤)の3種類が用意され、「GANTZ:O盤」にキャラソン「2MC & 3次元」が収められている。

 キャラソンは小野・梶のほか志磨がコーラスを務めており、和嶋慎治(G)、ピエール中野(Dr)、有島コレスケ(B)、中村圭作(Key)も楽器隊として参加している。小野は「この一曲にGANTZの世界がギュッギュッと凝縮されたような感覚。キャラクターソングを超えて、GANTZを音楽と言葉で表現した作品と言った方がしっくりくる」といい、梶も「キャラクターソングでありつつも、ある種、歌という枠を超えた一つの作品に仕上がっていると思います。『GANTZ』の壮大なドラマを感じていただける楽曲」と太鼓判を押す。

 また、同作の原作者・奥浩哉氏が描き下ろした、GANTZスーツに身を包んだ志磨と、ギターケースを携えた加藤と玄野のイラストが公開。アニメイト、アニメガ・文教堂、ネオ・ウイングでは、同イラストを使用したアナザージャケットが購入特典として付いてくる。

最終更新:8月22日(月)21時0分

オリコン