ここから本文です

SCANDAL、結成10周年ライブに感無量「奇跡に近い」 47都道府県ツアー発表

オリコン 8月22日(月)15時30分配信

 ガールズバンド・SCANDALが21日、大阪・泉大津フェニックスで結成10周年記念ライブ「SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL 『2006-2016』」を開催し、10歳を迎えたバンドと25歳を迎えたRINA(Dr)のWバースデーを1万2000人の観客が祝福した。アンコールでは、来春ベストアルバムを引っさげた47都道府県ツアーを行うことが発表され、会場は歓喜に包まれた。

【写真】大阪・泉大津フェニックスで1万2000人を動員

 午後4時半。真夏の日差しが照りつける野外ステージにメンバー4人が登場すると、「LOVE SURVIVE」からライブをスタート。「BEAUTeen!」「プレイボーイ」といった初期の楽曲や、最新アルバム『YELLOW』収録曲の「Happy Birthday」など新旧織り交ぜた楽曲を披露した。

 HARUNA(Vo&G)は「SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL 『2006-2016』へようこそ! こんなに集まってくれたの? ありがとう!」とあいさつ。「きょうは10年分の最強のセットリストを持ってきています。最高の1日にしていくよ! 思いっきりいい思い出を作っていきましょう!」とファンに呼びかけた。

 結成10周年の節目を迎え、改めて結成当時の思い出を語る4人。ダンス&ボーカルスクールの名古屋校に通っていたHARUNAとMAMI(G)、大阪校に通っていたTOMOMI(B)とRINA。その4人が初めて顔を合わせたのが、10年前の8月21日だった。

 顔合わせの1週間前、RINAのメールアドレスを知ったMAMIが長文のメールを送ったこと、初対面のとき、最年長のHARUNAがロングヘアにピンクのエクステを付けていたため、見た目に緊張した最年少のRINAが敬語で話していたことなど思い出話は止まらず。HARUNAは「そうやって4人が出会ってから10年経ちました。2006年、2007年あたりからストリートを始めて。お客さんが全然いないなかでライブをやっていたので、きょうは野外でたくさんの人の前で演奏できて、幸せを感じています」と感無量の様子で喜びをかみしめた。

 アンコールではHARUNAがサプライズとして「きょうは私たちの結成の地、大阪まで足を運んでくださったので、次のツアーは私たちがみんなの街に会いに行きます。来年の春に47都道府県ツアーやります!」と発表。「47都道府県ツアーの前には、ベストアルバムをリリースします」と続け、大歓声と拍手が沸き起こった。ツアーは3月11日の熊本公演を皮切りにスタート。ベストアルバムの選曲は、ファン投票の結果によって決定する。

 HARUNAは「今改めて10年前を振り返っていろいろ考えてみると、あっという間だったな、早かったなって感じます。1年1年、8月21日が過ぎるたびに、また4人で1年やってこられたな、次の1年はどんな年にしようかな、どんなことをやろうかなって毎年わくわくしてました。それは10周年を迎える今も、同じ気持ちです」としみじみ。

 続けて「なんだかんだ、いちばんうれしいのは、この4人で10周年を迎えられたことかな。自分で言うのもなんか恥ずかしいんだけど、この4人で続けてこられたことって奇跡に近いなと思うし。でも、この4人だったらどこへだって行ける気がします。これからも、『また明日ね』って言いあいながら、できるだけ長く、自分たちを信じて歩き続けていきたいなと思います」と話し、4人が出会った10年前の夏を思い出して書いたという「8月」を演奏した。

 ラストはメンバーが楽器を置いてステージ前方に並び、それぞれハンドマイクを持って全員がボーカルをとるダンスチューン「SCANDAL IN THE HOUSE」を飛び跳ねながら歌い、全27曲を熱演した節目のライブを締めくくった。

■SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL 『2006-2016』 SET LIST
01. LOVE SURVIVE
02. BEAUTeen!!
03. Happy Birthday
04. プレイボーイ
05. 太陽スキャンダラス
06. 夜明けの流星群
07. 恋模様
08. 打ち上げ花火
09. DOLL
10. 少女S
11. 瞬間センチメンタル
12. スイッチ
13. 会いたい
14. さよならMy Friend
15. Sisters
16. LOVE ME DO
17. Stamp!
18. テイクミーアウト
19. 声
20. 会わないつもりの、元気でね
21. EVERYBODY SAY YEAH!
22. Your song
23. Image
【アンコール】
24. Rock’n Roll
25. 8月
26. SCANDAL BABY
27. SCANDAL IN THE HOUSE

最終更新:8月22日(月)15時30分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。