ここから本文です

ヒッチコック×トリュフォー本『映画術』の記録映画、現代の10監督も証言

CINRA.NET 8月22日(月)13時9分配信

映画『ヒッチコック/トリュフォー』が、12月10日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、アルフレッド・ヒッチコックとフランソワ・トリュフォーのインタビューをまとめた書籍『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』を紐解くドキュメンタリー。トリュフォーは1962年に敬愛するヒッチコックにインタビューを依頼し、快諾したヒッチコックと2人が意気投合したことから長時間のインタビューが実現した。

作中ではヒッチコックとトリュフォーの当時の音声テープに加えて、マーティン・スコセッシ、デヴィッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、リチャード・リンクレイター、アルノー・デプレシャン、黒沢清、ジェームズ・グレイ、オリヴィエ・アサイヤス、ピーター・ボグダノヴィッチ、ポール・シュレイダーの10人の映画監督へのインタビューを交え、現代の映画監督たちの様々な視点からヒッチコックの映画術に迫る。

メガホンを取ったのは『ニューヨーク国際映画祭』のディレクターを務めるケント・ジョーンズ。日本語字幕は『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』の翻訳者でもある山田宏一が担当している。

CINRA.NET

最終更新:8月22日(月)13時9分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。