ここから本文です

「FPS」視点のみで描く異色の戦闘映画『ハードコア』、日本公開決定

CINRA.NET 8月22日(月)17時4分配信

映画『ハードコア』が2017年4月1日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

同作は、2014年にインターネット上で公開されたショートムービーを長編化したもの。俳優シャールト・コプリーと主人公が共闘し、何者かと激しい撃ち合いをする様を主人公の視点のみで描いた同映像はYouTubeで500万回以上の再生回数を記録した。

物語の主人公は大きな事故で身体が激しく損傷し、見覚えのない研究施設に入れられた男・ヘンリー。機械のパーツを身体に取り入れて超人的な身体能力を手に入れたヘンリーが、何者かに連れ去られた妻を救うために命を賭けた戦いに挑む、というあらすじだ。全編にわたってヘンリーの視点のみから、謎の組織との戦いや激しいアクションの様子が映し出される。

監督・脚本を手掛けたのはロシア出身のイリヤ・ナイシュラー。キャストには『チャッピー』『第9地区』などのシャールト・コプリーをはじめ、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット、ティム・ロスが名を連ねている。

なお同作は、『カナザワ映画祭2016』で9月24日に爆音上映され、ジャパンプレミアを迎える。当日はナイシュラー監督による舞台挨拶も行なわれる。

CINRA.NET

最終更新:8月22日(月)17時4分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。