ここから本文です

「千葉氏サミット」初開催 ゆかりの市町招き共同宣言 常胤役に千葉真一さん!

千葉日報オンライン 8月22日(月)10時40分配信

 鎌倉幕府の有力御家人として栄えた「千葉氏」が千葉のまちを開いてから890年を迎えたのを記念し、千葉市は21日、全国各地のゆかりの10市町を招き「千葉氏サミット」を千葉市中央区のホテルで開いた。同日の「親子三代夏祭り」武者行列には、俳優の千葉真一さんが登場。千葉氏を地方豪族から大御家人とした千葉常胤に扮(ふん)し中心市街地を練り歩いた。

 サミットには千葉県内の千葉市、佐倉市、酒々井町、東庄町、多古町に加え、岩手県一関市など東北地方の4市町や岐阜県郡上市、佐賀県小城市が参加。首長らが登壇したフォーラムでは、「連携を深めて千葉氏の史料を全国から集めたい」「これからも継続してサミットをやりたい」などの意見が出た。

 共同宣言書では、(1)千葉氏の全国的知名度の向上を目指す(2)千葉氏に関する歴史や文化について、「日本遺産」認定を目指す-ことを採択した。

最終更新:8月22日(月)11時6分

千葉日報オンライン