ここから本文です

さらばフェスの行列、入場パスのリストバンドで会場内すべての決済ができる!

ギズモード・ジャパン 8月22日(月)12時30分配信

フェスを一変させるイノベーションですよ。

去る2016年6月、音楽やアート、テクノロジーの交差する大規模なフェスティバル「Sonar 2016」がバルセロナで開催されました。そこでは、小さなチップがフェスを快適にするために活躍していました。

Glownetのキャッシュレス決済技術

Glownetはイギリスはロンドンに拠点を置くテック企業。主にライブイベントやフェス向けのテクノロジーやプロダクトの開発を行なっています。

Sonar 2016の場で活躍したのはGlownetが開発した決済機能付きリストバンド。チップのついた入場パスのリストバンドに、あらかじめお金をチャージすることで、会場内でのお金のやりとりはすべてキャッシュレスにできるわけです。食事も飲み物も、グッズもクロークも、すべて!

GlownetはRFIDの技術を使ってこのプロダクトを開発しました。RFIDとは、いわゆる「電波によるID認証技術」を意味して、Suicaなどの乗車カードや電子マネーもRFIDにふくまれます。RFIDには小さなIDタグのチップが組み込まれていて、非接触でその情報をやりとりできます。これでフェスでのキャッシュレス決済を実現できたというわけですね。

キャッシュレスなら、フェスを倍は楽しめる!

Sonarでは、専用の端末でタグを読み込むだけで入場できるようにしたことで、入場の際に延々行列が...なんてことも起きなかったそう。まるで、ETCカード導入車みたいにスイスイって感じです。フェスで入場がモタつかないなんて想像もできないですよね。

日本でもシーズンごとに、さまざまなフェスが開催されています。特に夏はフジロックやサマーソニックといった二大フェスに加えて、タイコクラブやメタモルフォーゼ(...あ、メタモは最近開催されていませんが...)などなど。そんなフェスのシーンでは、フードコートは大行列で、飲み物1杯買うのにひと苦労なんていうのはザラ。

日本でもGlownetのキャッシュレス決済が一般化したら、フェスが劇的に快適になるでしょう。まず、入場や買い物の待ち時間が少なくなります。さらに、手荷物を持たなくてよくなります。Glownetはバンド自体にチケットパスと電子マネーが共在しているわけですから、フェスの会場を手ぶらで過ごせます。これなら盗難の被害も減りそうですよね。

おそらく、フェスでの金銭のやりとりをすべてキャッスレスで済ませるだけで、フェスの楽しさは、さらに増すでしょう。それこそ、倍は楽しめるくらいに。

1/2ページ

最終更新:8月22日(月)12時30分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]