ここから本文です

ジャンボ雛壇で結婚式 人形のまち岩槻まつり、お雛様らを拍手で祝福

埼玉新聞 8月22日(月)10時30分配信

 埼玉県さいたま市岩槻の夏の風物詩、「人形のまち岩槻まつり」が21日、同市の旧岩槻区役所跡地など行われ、市民が雛(ひな)人形に扮(ふん)する人形仮装パレードと、ジャンボ雛壇による結婚式が行われた。

 年内に挙式予定のカップルによる結婚式は、抽選で岩槻区の会社員田口翔太さん(26)と妻で会社員の島田海里さん(26)が選ばれ、お内裏様とお雛様のきらびやかな装束に身を包み、山車に引かれて道を練り歩くと、沿道を行く大勢の人々から祝福の拍手が送られた。

 学生時代に出会い、7年の交際を経て、まつり当日の21日午前中に婚姻届を同区役所に提出したという2人は10月に挙式予定。田口さんは「生まれ育った岩槻で主役になれるのはうれしい。家族や友人も見に来てくれた」と笑顔。海里さんは「お雛様の姿の私を見て、みんなが笑顔になってくれたらうれしい。楽しい家庭を築きます」と、新たな門出への喜びを話していた。

最終更新:8月22日(月)10時30分

埼玉新聞