ここから本文です

算数の「時刻と時間」は、ここにつまずきやすい!?【後編】

ベネッセ 教育情報サイト 8月22日(月)14時0分配信

時刻と時間の学習は、2年生以降、ますます高度になってつまずく子どもが続出します。理解をスムーズにするために、家庭ではどのようなフォローができるのでしょうか。引き続き、ベネッセコーポレーションの教育総合研究所顧問を務める八木義弘先生に話をうかがいました。

2年生と3年生、保護者のかたができるサポートは?

引き続き、各学年の学習内容とサポートのポイントを解説します。

◆2年生

【学習内容】
2年生になると時刻に加えて、時間の概念を習います。1日は24時間、1時間は60分であることを学び、「8時30分に家を出て、8時45分に学校に着いた。かかった時間は何分か」「午前8時に学校に着き、午後3時に学校を出た。学校にいた時間は何時間か」といった内容を学習します。午前や午後、また「10分前」「20分後」といった表し方も学びます。

【つまずきやすいポイント】
・時刻と時間を混同する子どもが多く見られます。例えば、「3時30分」と「3時間30分」の違いがわからないといったケースです。

・単位の関係が十進法になっていないこともつまずきやすいポイントのひとつです。

・「○分前」という表現は、時計の針が逆の方向に進むことが「前」ですが、針は戻ることがイメージしづらく理解できないケースが見られます。

【家庭でできるサポート】
◎時間の感覚を育てるのに有効なのが砂時計です。授業の教材として使う場合もありますが、家庭にもあると理解がより深まるでしょう。砂時計を使ううちに「○分間はこれくらい」という時間の感覚も育っていきます。

◎ふだんは大人も意識していないかもしれませんが、時刻と時間の違いを明確にした言葉をかけましょう。例えば、通常「6時30分から30分テレビを見ていいよ」と言います。前の30分は時刻を表し、後の30分は時間を表しています。このように時刻と時間は紛らわしい言い方をしているのです。時刻と時間の違いを意識するには、「6時半から30分間、テレビを見ていいよ」と「間」という言葉に気をつけると、子どもの理解は深まります。その際、口頭では「間」を省略して「○分」と言うことが多いですが、「○分間」と言い表すことで、時刻との違いがよりわかりやすくなります。

◎生活の中に「○分前」「○分後」という表現を意識して取り入れましょう。

◎子どもから「どうして12の次は1なのか(60の次は1なのか)」といった疑問があったとき、暦について教えて理解させるのは容易ではありません。ひとまず、「世界中のルールとして、そうなっている」と話しておくとよいでしょう。

◆3年生

【学習内容】
時間についてより深く理解するための学習をします。「家を8時に出て、30分歩くと何時何分に学校に着くか」「家を7時45分に出て、学校に8時10分に着いた。かかった時間は何分か」など、日常生活の中で必要となる時刻や時間を求めます。また分より短い時間の単位として「秒」も学習します。

【つまずきやすいポイント】
・時刻や時間は、時計や数直線を使って求めますが、「時刻を求めるのか」、「時間を求めるのか」が読み取れず、つまずく子どもがいます。

・秒が出てくるため、単位換算がより複雑になって混乱する子どもが見られます。

【家庭でできるサポート】
◎「9時に寝て翌日6時30分に起きたら、何時間寝られる?」「30分テレビを見て、40分ゲームをしたら、合計でどれくらい?」と質問するなど、生活の中で時刻や時間を意識させましょう。「30分+40分」は「70分」ですが、「1時間10分」とも表し比較させ、「1時間10分」の方がわかりやすいこと、単位の換算も理解させましょう。

◎秒針の動きに合わせて電子レンジやストップウォッチなど、家庭で「秒」を表す道具に着目して親しませましょう。

◎50メートル走のタイム、息を止められる時間を話題にするなど、秒を体感的に理解させましょう。

時間という概念の不思議さ、おもしろさに気づかせよう

冒頭で説明したように、時間は感覚的にとらえるのが難しい概念です。人類は、日時計をはじめさまざまな時計を発明して、時間を取り出そうと試行錯誤してきました。また、太陽の動きや月の満ち欠けから時をとらえたりもしながら、社会の進歩をともに発展し、今日に至っています。そんな歴史に目を向けると、小学校算数での時刻と時間の学習は人類の叡智にふれる学びと言えます。時間という概念の不思議さ、おもしろさを子どもと共有しながら学習を進めてください。

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:8月22日(月)14時0分

ベネッセ 教育情報サイト