ここから本文です

人口65万人のマカオ、カジノ業従事者数は5.5万人=総数減も平均給与増…16年Q2

マカオ新聞 8/22(月) 21:23配信

 マカオ政府統計調査局は8月22日、マカオ経済の屋台骨ともいえるゲーミング(カジノ及びその他ギャンブル)産業に関する今年第2四半期(2016年4~6月)の人材需要及び給与統計を公表した。

 今年第2四半期末時点のゲーミング業従事者数(カジノ仲介業及び仲介パートナー除く)は前年の同じ時期から3.0%減の5万5708人で、このうちカジノディーラー職が3.1%減の2万4285人。全体の92.7%がシフト制勤務だった。

 今年6月のゲーミング業従事者全体の平均月額給与(ボーナス等除く)は前年同期比2.7%増の2万2060パタカ(日本円換算:約28万円)、カジノディーラー職に限ると2.0%増の1万8960パタカ(約24万円)で、いずれもこれまでの右肩上がりの上昇を維持した。

 今年第2四半期のゲーミング業界における求人数は前年の同じ時期と比較して80ポジションの増となる587。求人は事務職、サービス職、セールスが中心だった。新規雇用数は66.5%減の660人、従業員採用率は2.3ポイント下落の1.2%。このほか、従業員離職率は横ばいの1.5%、求人率は0.1ポイント上昇の1.0%となるなど、ゲーミング業界における人材需要が後退していることが伺える。

 今年第2四半期末時点のマカオのカジノ施設数は36、カジノテーブル数は5998台。マカオ全体の月次カジノ売上は、2014年6月から今年7月まで26ヶ月連続で前年割れとなっており、低迷が長期化の様相を呈している。マカオのカジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

 なお、今年6月末時点のマカオの人口は65万2500人(今年6月末)、労働人口は39万400人(今年第2四半期)、失業率は1.9%(同)。単純計算で総人口のおよそ11人に1人、労働人口の7人に1人がゲーミング業に従事していることになる。

最終更新:8/22(月) 21:23

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]