ここから本文です

レアル新時代の到来! ハメス&イスコを差し置き先発デビューの20歳が“美ループ”炸裂で開幕快勝

theWORLD(ザ・ワールド) 8月22日(月)5時7分配信

素晴らしい勝利で開幕飾る

スペインのレアル・マドリードが22日、敵地サン・セバスチャンでレアル・ソシエダとのリーガエスパニョーラ開幕戦に臨んだ。

チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督は怪我で欠くクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマに代わり、レアルでのリーガデビューとなるマルコ・アセンシオとアルバロ・モラタを先発で起用。また今夏の放出が噂されたマテオ・コバチッチもスタートからピッチへ投入している。試合は開始早々の2分からベイルがカルバハルのクロスを頭で合わせ、幸先良く先制。アウェイのレアルがさっそくリードを奪い、その後もゲームの主導権を握ると40分にも華麗な追加点を挙げる。ヴァランの絶妙なロングフィードに抜け出したアセンシオが相手GKの位置を冷静に確認し、頭上を越える見事なループシュートを披露。ハメス・ロドリゲスとイスコを差し置いて先発の座を射止めた20歳のスペイン人によるトリッキーなシュートはそのままネットに吸い寄せられ、白い巨人が2点目を決めた。

後半に突入し、追い上げたいソシエダが攻勢を強めるものの、最後の局面で守備網を崩すことができない。一方のレアルはモラタを中心に鋭いカウンターから好機を演出。ただしこちらもお馴染みの“BBC”ではなく、新鮮な顔触れが軒並みスタメンに名を連ねるため、連携面においてチグハグな場面が目立つ。チームを活性化させたいジダンはイスコにバスケス、そしてハメスを投入。技巧派が次々と登場したレアルがその後もゲームを支配し、終了間際にベイルの2点目も生まれ、危なげなく開幕戦を完封勝利。ベティス相手にロケットスタートを切ったバルセロナに続き、レアルもコンディションの良さをアピールした。


[メンバー]
レアル・ソシエダ:ルジ、ゴンサレス(→ベラ 79)、イニゴ・マルティネス、ベルチチェ、サルドゥア、イジャラメンディ、マルケル、スルトゥサ、ファンミ(→プリエト 72)、オヤルザバル、コンチャ(→ウィリアン・ジョゼ 56)

レアル・マドリード:カシージャ、カルバハル、ヴァラン、ぺぺ、マルセロ、カゼミロ、クロース(→イスコ 72)、コバチッチ、ベイル、アセンシオ(→ルカス・バスケス 65)、モラタ(→ハメス 76)

[得点者]
ソシエダ:
レアル:ベイル(2、94)、アセンシオ(40)

[スコア]
ソシエダ 0-3 レアル

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月22日(月)5時8分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]