ここから本文です

西岡が予選突破、1回戦はミルマン [ウィンストンセーラム/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月22日(月)12時1分配信

「ウィンストンセーラム・オープン」(アメリカ・ノースカロライナ州ウィンストンセーラム/8月21~27日/賞金総額63万9255ドル/ハードコート)の予選に第1シードで出場していた西岡良仁(ヨネックス)が、1回戦でルーカシュ・クボト(ポーランド)を6-4 6-4で、続く予選決勝では第7シードのリアム・ブローディ(イギリス)を6-2 6-1で倒して本戦入りを決めた。

西岡良仁がゼバロスに3連勝でATPツアー初の4強入り [BB&T アトランタ・オープン]

 今大会には初出場となる西岡は、1回戦でジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。

 ウィンストンセーラム・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス48ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位】

リシャール・ガスケ(フランス)[1]
ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[2]
パブロ・クエバス(ウルグアイ)[3]
スティーブ・ジョンソン(アメリカ)[4]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:WINSTON SALEM, NC - AUGUST 21: Yoshihito Nishioka of Japan returns a shot to Liam Brody of Great Britain during the Winston-Salem Open at Wake Forest University on August 21, 2016 in Winston Salem, North Carolina. (Photo by Grant Halverson/Getty Images)

最終更新:8月22日(月)12時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。