ここから本文です

富山市議会自民党会派 政活費不正防止策検討/富山

チューリップテレビ 8/22(月) 20:41配信

 富山市議会・自民党会派の中川勇・市議会議員が政務活動費を事実と異なる内容の報告をして受け取っていた報道をうけて、自民党会派は議員の政務活動費を自己点検し来月にも政務活動費の不正防止策を検討するプロジェクトチームを設置することを決めました。

 これは、21日開かれた自民党会派の臨時総会で決まったものです。
 具体的には前回選挙があった2013年4月以降の政務活動費について各議員が自己点検し、不適切な事案が見つかれば、訂正して返金します。
 また、来月にも不正防止策を検討するプロジェクトチームの設置し、領収書の公開のあり方や第3者機関によるチェックの必要性について協議します。
 チューリップテレビが情報公開請求をおこない、入手した富山市議会の政務活動費の収支報告書によると中川市議については2013年に富山市東部地区センターで、市政報告会を4回開いたと報告があり配布した資料の印刷代としてあわせておよそ67万円の政務活動費を受け取っていました。
 しかし、チューリップテレビの取材では、東部地区センターで市政報告会が開かれた事実はなく、事実とは異なる内容の報告をしていました。

チューリップテレビ

最終更新:8/22(月) 20:41

チューリップテレビ