ここから本文です

大会4日目、男子ダブルス準々決勝結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月22日(月)15時0分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の4日目は、男子シングルス2、3回戦、男子ダブルス準々決勝が行われた。

選手宣誓は 地元富山県代表の碓井和志(上市町立上市中)と田畑つぐみ(富山市立呉羽中) [第43回全中開会式]

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。準決勝より3タイブレークセットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後タイブレークシステム)。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子ダブルス準々決勝】

○1飯村大也/佐々野正望(千葉/柏市立田中中学校)[1] 9-8(5) ●8永井健太/石川瑛大(三重/エスコラピオス学園海星中学校)[5-8]

●11田中謙太朗/手嶋海陽(山口/岩国市立麻里布中学校)6-8 ○14柴崎充志/真庭稔(東京/練馬区立石神井東中学校)

●17池田朋弥/武田晃(愛知/阿久比町立阿久比中学校)[5-8] 6-8 ○21河上雄大/鹿川夏生(東京/東京大学教育学部附属中等教育学校)

●25清水拓弓/本郷清一郎(滋賀/大津市立瀬田北中学校)[5-8] 0-8 ○29田中瑛大/川井涼平(神奈川/横浜市立中川西中学校)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月22日(月)15時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]