ここから本文です

大会4日目、女子ダブルス準々決勝結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月22日(月)16時5分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の4日目は、女子シングルス2、3回戦、女子ダブルス準々決勝が行われた。

大会4日目、男子シングルス2、3回戦、男子ダブルス準々決勝結果 [第43回全中]

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。準決勝より3タイブレークセットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後タイブレークシステム)。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【女子ダブルス準々決勝】

○1川出莉子/虫賀智歩(愛知/一宮市立奥中学校)[1] 8-4 ●8神鳥舞/田中麻衣(東京/世田谷区立烏山中学校)[5-8]

○9内島萌夏/内島舞子(東京/小平市立小平第二中学校)[3-4] 9-8(1) ●15宮地蘭/内田碧(東京/富士見丘中学校)

●17石澤千花/五十嵐日和(東京/成蹊中学校)[5-8] 3-8 ○22新見小晴/田中陽明子(岡山/岡山市立桑田中学校)

●25光崎楓奈/光崎澪(愛知/みよし市立三好丘中学校)[5-8] 6-8 ○32毛呂彩音/金子さら紗(東京/小平市立小平第二中学校)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月22日(月)16時5分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]