ここから本文です

【MLB】青木宣親、連日マルチも守備で痛恨ミス 地元紙「アオキが獲るべきだった」

Full-Count 8月22日(月)15時41分配信

同点の9回に左中間へのフライを中堅と見合い、決勝点許す

 連日のマルチ安打で8月の月間打率.368と好調なマリナーズ青木宣親外野手だが、21日(日本時間22日)本拠地でのブルワーズ戦で、同点で迎えた9回1死二塁に守備で痛恨のミスを犯してしまった。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 3点リードで迎えた9回の守備。マリナーズは、この回からマウンドに上がったウィルヘルムセンが2被弾して同点に追いつかれてしまった。ヌノに投手交代し、1死二塁となった場面だった。打席に立ったゲネットの飛球が左中間に飛んだ。平凡なレフトフライに終わると見えたが、左翼の青木は直前に中堅マルティンに目を向けると捕球をためらい、打球はそのまま2人の間に落ちる決勝打となってしまった。

 青木のプレーに限らず、挟殺プレーにミスが起きるなど、この回のマリナーズ守備は冴えなかったが、地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版では、「アオキが獲るべきだった」と指摘した。さらに「アオキは打球を正しく読めなかった上に、2人の間に落ちた打球は決勝点を生んだ」と厳しい論調を崩さなかった。

 記事によれば、青木は「(マルティンの)気配を感じてしまった。捕球に来るんだと思ってしまった」と通訳を介して説明したそうだ。

 この日も4打数2安打1四球2得点と打席で大きく貢献した青木だが、最後の最後で痛恨のミス。チームは本拠地8連勝の快進撃を止めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月22日(月)15時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]