ここから本文です

人の心を動かせるようなプレーをしたい――ロッテ平沢を突き動かす「大志」

Full-Count 8月22日(月)16時22分配信

地元仙台で飛び出したプロ初ヒット、「宮城で打てたのは良かった」

 敵地とはいえ、そこは地元だった。ドラフト1位ルーキーの平沢大河内野手が放った打球が中前に落ちると、アウェーとは思えぬ温かい拍手が沸き起こった。18歳の若者は一塁ベース上でちょっとホッとした表情で右手を上げて、声援に応えた。8月17日の楽天戦。生まれ故郷である杜の都・仙台でのプロ24打席目に記念すべき初ヒットは生まれた。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

「正直、ホッとしました。本拠地のマリンで打ちたかったという思いもありましたが、宮城で打てたのは良かったと思います」

 家族ら10人を試合に招待をして迎えた初めての仙台での1軍の舞台だった。仙台育英時代のチームメートも「応援に行くよ」と駆け付けてくれていた。入団前からのマリーンズファンの弟・大剛くん(中学1年生)はライトスタンドから声援を送っていた。母と一緒にスタンドから応援をしていたリトルリーグ時代からのチームメートの父親はその瞬間、涙を流した。

 ここまで一流のプロ投手の前で、なかなか自分のスイングをさせてもらうことができず、戸惑い苦しんだ若者は、奇しくも多くの知り合いが見守る前で記念すべき第一歩を踏み出すことができた幸せを静かに感じていた。

「早く、とにかく1本欲しいと思っていました。自分の中では焦ってはいなかったのですが、でも心のどこかでは早く打ちたいという気持ちがあった。祝福の連絡は結構、きましたね。高校時代のチームメートとはグループLINEがあるので、それを通して結構、きました」

 故郷でのメモリアルな一打にふと野球と出会い、野球に打ち込み、心折れることなく、夢であるプロ野球を志した日々を思い返した。

 13歳の時には東日本大震災を経験した。自宅が高台にあったこともあり津波の被害はなかったが、電気、ガスが止まった。時間の経過とともに被害の大きさが伝わるようになった。小学校時代に野球をした思い出のグラウンドは津波に飲み込まれ、跡形もなくなっていた。当時、所属していた中学野球チームの仲間たちも被害にあっていた。自宅が浸水して野球用具が使えなくなった選手や、家が流された選手たちがいた。

1/3ページ

最終更新:8月22日(月)16時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]