ここから本文です

BBCがいなくても今のレアルには守備がある ソシエダ指揮官「マドリーの方が明らかに優れていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月22日(月)17時51分配信

レアルの守備パフォーマンスを称える

レアル・マドリードといえばクリスティアーノ・ロナウドを中心としたBBCの攻撃力に注目が集まるが、彼らの強みは攻撃だけではない。ジネディーヌ・ジダン率いる今のレアルは守備も非常に強固だ。21日におこなわれた開幕戦のレアル・ソシエダ戦でも、レアルは危ないシーンがありながらも無失点で終えている。

この試合ではBBCのうちガレス・ベイルしか出場しなかったが、ソシエダ指揮官のエウセビオ・サクリスタンはレアルの守備の方が脅威的と感じたようだ。スペイン『MARCA』によると、同指揮官は自分たちがボールを持った時に上手くプレイできなかったと感じており、レアルの方が優れていたのは明らかだと敗北を認めている。

「我々は上手くスタートを切ることができなかったね。マドリーと戦うのはハードだよ。なぜなら彼らの守備は優れているからね。最後までハードに戦ったが、マドリーの方が明らかに優れていた。マドリーが我々の陣内でボールを持った時、彼らは常に危険だった。だが我々がボールを持った時、我々には鋭さがなかったね」

レアルはGKケイロル・ナバスを欠いていたものの、セルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランら豪華なDF陣を軸に何とか無失点で抑えた。昨季もBBCが全員万全の状態で揃うことは少なかったが、今季も同様のことが起こる可能性も考えられる。その際には守備力が1つのポイントとなるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月22日(月)17時51分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]