ここから本文です

インテルの守護神がプレシーズンの過ごし方に後悔!? 「コンディションが100%でない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/22(月) 18:00配信

とにかくハードワーク

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは21日、開幕戦で昨季9位のキエーボと対戦した。試合は、キエーボMFヴァルテル・ビルサに2ゴールを許してしまったインテルが0-2で敗戦。先行きが不安な船出となってしまった。

そんな中、インテルの守護神を務めるサミル・ハンダノビッチは、伊『Mediaset Premium』の試合後のインタビューで次のように述べている。

「今日の試合について、あまり話したくない。とにかく気持ちを切り替えて、次の試合へ向けて修正するだけだ。言い訳するのは簡単だが、僕はしたくない。今はハードワークをしていくしかないよ」

「この試合で僕たちに足りなかったところをピックアップするのはとても難しいよ。ただ、コンディションは100%に達していない。監督のせいにするわけじゃないけど、僕たちはプレシーズンにもっとツアーを行い、より多くの試合をこなさなければならなかった」

「今日2ゴールのビルサは仲の良い友達だよ。すごく良いプレイを披露していたね。特に彼の2ゴール目はすばらしかった。僕は言い訳をするのが嫌いだ。次の試合に勝利し、軌道に乗ってみせるよ」

はたして、インテルはホーム開幕戦となる第2節のパレルモ戦に勝利し、波に乗ることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/22(月) 18:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]