ここから本文です

セリエA3連覇やイタリア代表の躍進…… “世界屈指の名将”が己のサッカー哲学を明かす「喜びを共有したい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/22(月) 19:30配信

なんでも言い合える関係性を築き上げる

プレミアリーグ王者として挑んだ昨季、突如不振に陥ってしまったチェルシーだが、名将アントニオ・コンテを新たに招へいしたことで、今季は開幕戦から2連勝と好調なスタートを切っている。

タッチライン際で必死に支持を飛ばしたり、選手がゴールを挙げると喜びの感情を爆発させているコンテ。その姿勢が選手やスタッフ、ファンの心を掴んでいる。そんな彼が自身のサッカー哲学や指導哲学をインタビューで明かした。クラブの公式サイト次のように伝えている。

「私は常に選手やチームと一緒に戦っているんだ。そして、常に良いタイミングを見極めている。オフザボールの動きを指導することは大切なことだよ。ワトフォード戦の最後のフォーメーションは[4-2-4]だったから、とにかくウィンガーにはワイドにポジションを取るよう叫び続けた。選手たちを支えてあげるのも、我々指導者の重要な仕事なんだ」

「試合中は状況を読むことが大事だから、ボールがあるところだけでなく、DFやGKのポジション取りにも目を向けているし、指示も飛ばす。ピッチの中にいる選手にはわかりづらいこともあるからね。だから、試合後はぐったりするほど疲れている。喉が壊れないことを祈るばかりだよ」

「選手時代の経験をもとに、私は選手たちとのハグや喜びを爆発させるタイミングを見計らっているんだ。だって、やっぱり選手やスタッフたちとも喜びを共有したいだろ。毎日110%の力を出し切っているんだからさ。選手やスタッフたちとは良い関係を築いていきたい。腹を割って話したいしね。それが良い内容だろうと悪い内容だろうと、本当のことを伝えたいんだ。だから、試合後にはしっかりと選手の目を見てやることが大切だよ」

これまでコンテがチームを栄光へと導いたり、躍進させることができたのは、このような考えのもとに選手やスタッフからの信頼を勝ち取ることができたからこそ生まれたものだった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/22(月) 19:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報