ここから本文です

ファーディナンドの後継者が変わってしまう? マンU所属イングランド代表DFに英紙が警告

theWORLD(ザ・ワールド) 8月22日(月)20時40分配信

モウリーニョの下でバイリーが躍動

ここ数日はマンチェスター・シティ所属のイングランド代表GKジョー・ハートが定位置を失ったことが話題を集めているが、危険なのはハートだけではない。イングランド代表監督に就任したサム・アラダイスはクラブで出場機会を満足に得ていない選手は起用しない考えを持っており、ハートのようなケースは非常に危険だ。

そして現在ハートと同じく不安視されているのがマンチェスター・ユナイテッドDFクリス・スモーリングだ。スモーリングは昨季ルイ・ファン・ハールの下で評価を高めたものの、今季から指揮を執るジョゼ・モウリーニョは新加入のエリック・バイリーとダレイ・ブリントにコンビを組ませている。

特にバイリーの適応速度は想定外で、スモーリングではなくバイリーがリオ・ファーディナンドのような存在になるとの意見も出ている。左のセンターバックを務めるブリントがレフティーなのも特徴的で、ブリントには後方からゲームを組み立てる役割も任せることができる。

英『Daily Mail』はスモーリングが代表でポジションを失う危険性があると警告しており、9月5日から始まる2018ワールドカップ欧州予選のスロバキア代表戦に向けてアピールの時間が少なくなっていることを伝えている。

現在のイングランド代表には頼れるセンターバックが少ないため、ひとまずスモーリングは招集されるかもしれない。しかしバイリーとブリントからポジションを奪い返す必要があり、昨季の奮闘でせっかく高めた評価を失いかねない。ここまではバイリーとブリントの2人がマンUの開幕連勝に貢献しているが、スモーリングはモウリーニョのチームでも最終ラインの柱となれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月22日(月)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]