ここから本文です

水面から眺める堀割川の風景 横浜でイベント

カナロコ by 神奈川新聞 8月22日(月)10時33分配信

 横浜市磯子区の農林水産省動物検疫所で21日、イベント「堀割川の日」が開かれた。釣り船による乗船体験も行われ、参加者は水面(みなも)からの眺めを楽しんだ。

 地元住民らでつくる堀割川魅力づくり実行委員会の主催。会長(83)は「堀割川周辺のにぎわいを演出したい」と企画した。

 堀割川は大岡川の支流である中村川から分かれ、根岸湾に注ぐ延長約2・7キロの人工運河。関東大震災で崩壊したが、石積護岸として復興。2010年には土木学会選奨土木遺産に認定された。

 イベントには模擬店が出店したほか、地元有志や子どもたちの演奏も披露された。乗船体験は堀割川の八幡橋を出発し、天神橋で折り返す約30分のコース。

 娘と参加した参加者(45)=同市磯子区=は「石積みの護岸がしっかり見えた。川も澄み、カニもいて驚いた」と笑顔だった。

最終更新:8月22日(月)10時33分

カナロコ by 神奈川新聞