ここから本文です

土砂災害警戒情報、17市町村に

カナロコ by 神奈川新聞 8月22日(月)12時35分配信

 台風9号の接近に伴い、土砂崩れなどの恐れが高まったとして県と横浜地方気象台が発表した土砂災害警戒情報の対象地域は、新たに川崎、厚木、秦野の3市と、葉山、愛川両町が加わり、22日午前11時45分現在で計17市町村となった。

 気象台は県内全域に竜巻注意情報をあらためて発表し、突風や落雷、河川の氾濫、浸水などに引き続き注意するよう呼び掛けている。

 9号は22日昼すぎに関東地方に上陸する見込み。上陸後も県内では南から暖かく湿った空気が入り続けるため、大気の非常に不安定な状態が続くとみている。

最終更新:8月22日(月)12時35分

カナロコ by 神奈川新聞