ここから本文です

子育て支援充実へ 9月24日に開設 乳幼児用品大型売り場 イオン東戸塚店

カナロコ by 神奈川新聞 8月22日(月)15時16分配信

 イオンリテール(千葉市)は9月24日、イオン東戸塚店(横浜市戸塚区)に乳幼児用品などの大型売り場「キッズリパブリック東戸塚店」をオープンする。玩具やベビー用品のほか、産前産後の女性向けのコーナーを設置するなど、「子育て支援サービス」の役割も担う。

 県産の木材を使用した0~3歳児用の遊び場や、親子で楽しめる複合カフェ、知育をテーマにした玩具をイオン最大の品ぞろえで展開するコーナーなどで構成。また、買い物体験ができる場など、遊びながら学びを得られる多彩なサービスを提供する。

 2014年11月以降、岡山や秋田など全国7カ所に店舗を置くキッズリパブリック。これまでは物販がメインだったが、8店目となる東戸塚店では商品に加え「コト」のサービスに注力し、過去最大となる5600平方メートルの売り場とする。ファミリー層が多い東戸塚エリアで旗艦店を運営することで、一層の集客増につなげたい考えだ。

 助産師や歯科衛生士を配置し、産前産後の女性が子育ての不安を相談しながら買い物ができるようにしたり、地域のNPO法人と協力した交流イベントを開催したりと、保護者が孤立しないためのサポートも充実させる。

 イオンリテールの担当者は「少子化や育児を取り巻くさまざまな問題がある中、地域全体で子どもを育てる空間をつくりたい」と話している。 

最終更新:8月22日(月)15時16分

カナロコ by 神奈川新聞