ここから本文です

兵庫・三田で北欧音楽祭、雑貨の販売やダンスも

Lmaga.jp 8月22日(月)12時0分配信

スウェーデンのお祭り「スペルマンス・ステンマ」気分を味わえる、『北欧の音楽祭』が10月2日に兵庫県の「三田市総合文化センター 郷の音ホール」で初開催。ライブ、北欧マーケット、北欧短編映画などが企画され、まる一日北欧を体感できる内容に。

北欧の器などの販売も

スウェーデン語でスペルマン=演奏する人、ステンマ=お祭りという意味を持ち、現地ではだれでも上手下手関係なく、楽器を演奏して、踊って楽しむ夏の恒例行事。今回、イベントを担当する小巌仰さんは17年前に現地に訪れ「屋外でのんきに開催されるフェスに衝撃を受けました。  気になって北欧留学や暮らした方にお話を伺うと 『こんな楽しいものはない』 と口々に話すので、 そんな楽しいものは日本でやらなければ・・・と思ったのがきっかけです」と、長年温めてきた企画を実現したそう。

会場はホールと外の芝生広場などを活用し、『そとフェス』ではパレード、演奏やダンスのワークショップなど、全員で一緒になって音楽を楽しめるスタイルに。さらに北欧のヴィンテージや雑貨、スイーツなどのマーケットや、手作りワークショップも開催。『なかフェス』では、北欧音楽を奏でる日本人アーティストのライブ、また現地でトラッド・ミュージシャンとして名を馳せる面々が登場する(有料)。また、なかなか見るきっかけがない北欧短編映画・ドキュメンタリー映画の上映も(有料)。

「聴いてもいいし、弾いてもいいし、 踊ってもいい。屋外ではゆるやかに音楽が流れ、 コンサートホールでは北欧から来日アーティストが熱のこもったコンサートを。1日ずっと音楽に浸れる音楽祭になれれば。しかも、会場となる三田は  冬は神戸や大阪よりぐっと冷え込み、自然も豊かなことから、プチ北欧を楽しめる地域だとずっと思っていました」。ここは現地気分をしっかり満喫するべく、鑑賞だけでなく、ご参加を。詳細は公式サイトにて発表。

最終更新:8月22日(月)12時0分

Lmaga.jp